« 嵐の楽園 | トップページ | ハワイ編〜腰が抜けるほどのハーモニー »

2004.01.11

ハワイ篇〜溺れるように潜りながら

1073760119_200x150.jpg

 上陸初日は酷い嵐だったハワイの天候でしたが、到着二日目(現地時間3日)の朝になると、目映いばかりの太陽がオアフの上空に顔を出し、私の大好きな乾いたハワイの風がカラカウア通りにも帰ってきました。

 さて、今回の旅で私は、生まれて初めてのダイビングに挑戦してきたのですが、実を言うと私は不能泳者(カナヅチ)だったりするので、正式なダイビングではなく、いわゆる「体験ダイビング」という奴です。友人に紹介してもらった現地の指導員のコーチングを受け、その誘導でハナウマ湾に潜ってきました。

 そもそも体験ダイビングにチャレンジしてみようと思った理由のひとつは、「ダイビングは泳げなくても大丈夫」と聞いていたからだったのですが、もちろん「泳げた方がいいに決まっている」訳で、確かに酸素ボンベのおかげで呼吸に苦しむ心配だけはありませんでしたが、下手っぴすぎる泳ぎのせいで私は最初、一緒に潜った初心者グループの人たちに迷惑かけまくり状態でした。つまり、重力の少ない水中空間とは言え、酸素ボンベを背負ったカナヅチ男が進むべき方向を失ってガッツンガッツンぶつかってくる訳ですから、かなり迷惑な存在だったはずです。もちろん時間を重ねるうちに自然と学習も進んで、水中での移動にもだんだんと慣れてきましたが、少なくとも最初のうちの私は、本当に「迷惑な存在」だったと想像します。

 ところで、そんなカナヅチな私にも、潜って数分もすると水中での独特の呼吸法にも慣れてきて、生まれて初めて見る深海の世界をしっかりと見つめる余裕が出てきました。念願のウミガメには出会えませんでしたが、なぜか人懐っこいウツボやら、不思議なストップ&ゴーを繰り返す魚、派手すぎてとても食欲の湧かない熱帯魚たちなど、これでもかってほどの海洋生物たちに出会うことが出来ました。さらには、謎の海中ケーブルにも!この、潜っている間ずっと謎だった海底ケーブルは、指導員の人にあとで質問したところ「アメリカ大陸まで繋がる古い電話線で、今はもう使ってない奴」だったりしたようです。…と、こんな風に書くと、水中でも自由に泳げるアクアランガーだったように想像されてしまいそうですが、実際には指導員の男性の手をみっともないほどにしっかりと握りしめた私が、引きずられるがままに水中を移動してきたに過ぎません。ほとんど自分の意志がないコバンザメのような存在でした。

 こうして結局40〜50分ほどのダイビングを体験してきました。指導が適切だったせいで潜っている間は何不自由なく過ごすことが出来ましたが、大変だったのは潜った後のことでした。陸上に上がってホッとしたのもつかの間、予想もしなかったピンチが私を襲いました。水中では楽勝だった酸素ボンベやら体に結んだウエイトの重量が陸上に出ると重たいのなんのって!生まれて初めてのダイビングで体力消耗が激しかったせいか、普段から運動不足が酷すぎる私の場合、水中よりも陸上に上がってからの方が大変でした。酸素ボンベを背負いつつ歩いた、ハナウマ湾の海面から駐車場までの道のりが実は一番辛かったほどです。体験ダイビングということで、仲間はいわゆる「オンナコドモ」ばかりなのですが、そんな中では弱音を吐きたくても吐けず、マジで吐きたくても吐く訳にもいかず、とにかく「オトナノオトコ」の意地だけで駐車場まで歩ききって、ようやく酸素ボンベを地面に降ろすことが出来ました。最後はもう、本気でいろんなものを吐きそうになっていました。


※さて、すべてが終わってから改めて思うのは、実は海洋生物が云々ってことよりも、禁煙して本当に良かったなってことでした。潜水中の50分ほどの間だけタバコを我慢することは、禁煙前の私にもそれほど難しくはなかったはずです。ですが、喫煙者特有の肺や喉の具合を想像をするととっても怖いです。水深10メートルほどの海底で喉に痰が絡んだ状態を想像するとゾッとします。また、陸上に戻ってからの酸素ボンベを背負っての歩行時の肺活量も、喫煙していた頃と禁煙後の今とではずいぶん違っているように思います。つーか、もしも喫煙者のままの私だったら、陸上に戻ってから確実に吐くか泣くかしていたと思います。いや、それ以前に、そもそも今回の旅で体験ダイビングなんかしてみようと思ったかどうかも怪しいです。

※10%ってのはかなりなもんだろうと想像します。

たばこ消費量は10%減少へ

「国連食糧農業機関(FAO)は8日、2010年までの世界のたばこ需要見通しを発表、喫煙者増などで生産量は拡大するものの、成人1人当たりのたばこ消費量は約10%減少する見込みであることを明らかにした」

|

« 嵐の楽園 | トップページ | ハワイ編〜腰が抜けるほどのハーモニー »

【特集】禁煙までの日々」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。