« できれば永遠に | トップページ | 時間経過。その127 »

2008.06.26

認証は一度だけ

Imgp2116 久しぶりに、先日導入したMacBook Airに関する最新情報。

 つい先日、こんなことを書いた。
 

さらに言うと、このBoot Camp版のWindowsXPとともに、実は、Parallels Desktop for Mac版のWindowsXPもインストールしたままだ。つまり、どちらでも好きな方が使えるようになっているのだ。Mac環境から一時的に使いたい時はParallels Desktop for Macのコヒーレンスモードで、ちゃんと使いたい時にはいちいち再起動してBoot CampによるWindowsXPをと、使い分けている。これは、たまたまネットで知った情報による。同じパソコンの中でも、同時に使うことができない環境であれば、1つのユーザライセンスでWIndowsを使えるらしい。その情報を信じて、このスタイルで2種類のWindowsXPと、1種類のMacOS Xを使い分けている。今のところは、こんなリバーシブル環境で落ち着いているのだが、さて?

 そしたら、すぐに「さて?」の答えが出てきた。その結論とは…「たまたまネットで知った情報」を、確認もせずに鵜呑みにしてはダメだということ。

 きっかけは「ライセンス認証」だった。ご存じかどうか知らないが、Windows XPは、インストール後、一ヶ月以内にライセンス認証って奴をしなければならない。そこで、MacBook AIr内にある二つのWindowsXPのうち、BootCamp側のXPを認証しようとしたら、突然拒否られて驚いた。

 「このXPのコピーは、すでに認証されちゃってからダメだよ」的なことを言われてしまった。慌ててマイクロソフト社のサポートに電話すると、私の認識の根本的な間違いが判明した。

 実は、「MacBook Airにおいて、Parallels側とBootCamp側の両方からWindowsを立ち上げることは出来る」。でも、どんな理由があっても、一台のパソコンにWindowsはひとつしか入れちゃいけないのだという。ではどうするか?

 実は「BootCamp側にWindowsXPをインストールしてから、そのWindowsXPを、MacOS XパーティションにインストールしてあるParallels側から『参照』することが出来る」んだそうだ。知らなかった。ちゃんと解説書は読まなきゃダメだ。(読んでもよくわからなかったと思うが…)

 さて、早速実行してみた。ややこしいけど、備忘録として書いておく。

1)まず、MacOS X側のParallels Desktop for Macで、別パーティションにいるBoot CampでインストールしたWindwosXPを「参照」した。これで実行してみると、いくつかの制約はあるが、成功。すぐに再起動。

2)次に、MacOS X側にParallels Desktop for Mac経由でインストールしてあったWindowsXPの仮想ディスクを削除した。(解説書を読むと、ちゃんと、アンインストールの手順が用意されていた)

3)再起動して、BootCamp側のWindowsXPを開く。普通にライセンス認証しようとすると蹴られるが、指示に従って、サポートに電話して、非常に面倒くさい作業を行うと、ちゃんとこのXPのライセンス認証が受理された。基本的にはこれで終了。

 この状態で、MacOS X側からもXPは立ち上がるし、再起動して、BootCamp側の別パーティションからもXPは立ち上がる。だけど、XPのコピーはひとつだけという状態が完成する。これでいちおう問題がないはずだが、さて?

 現状で気付いている、二つのWindowsXPの違い。BootCamp側のXPに関しては、直前とまったく変わっていない。非常に軽快な操作感。しかも、認証は終了している。一方、MacOS X(Parallels)側から立ち上げたXPは、相変わらず重い。

 さらに、直前環境(XPの仮想ディスクが同じパーティション内にあった)に比べると、いくつか制約が出来た。直前なら、MacOS X環境の中で、何度でも自由に、XPを立ち上げたり落としたりが出来たが、今度は一回きりだ。つまり、一度XPを終了させないとParallels Desktop for Macを終了させることが出来ない。そして、一度XPを終了させると、一度、MacOS Xを再起動しないと、XPを立ち上げることが出来なくなった。

 ちょっと面倒ではあるが、今のところ、MacOS Xを使いながら、どうしてもWindowsXPを使いたいと思う瞬間はほとんどない。なので、この状態で、とくに不満は感じてない。ただし、例によって、あまり深い思慮もなく行った作業なので、またまた問題が発生するかも…。

 MacBook Air上でMacOS XとWindowsXPを共存させる作戦は、毎度毎度、本当にややこしいことになっている。でも、MacBook Airに積んでるMacOS X部分はシンプルそのもの。でもって、とっても快調。とくにスリープからの立ち上がりはいつも素晴らしい。
 
 
 
※出ました!>和風総本家 第壱巻(講談社)

※写真:Optio A20

|

« できれば永遠に | トップページ | 時間経過。その127 »

【写真】非常階段」カテゴリの記事

【特集】MacBook Air」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。