« 時間経過。その165 | トップページ | どっちかっていうと »

2008.11.29

初期型と量産型

Imgp3765 改修中だった銀座和光ビルの碓衣(うすごろも)が、いつの間にか取れていた。

 「和風総本家」のスタッフルームが銀座にあるせいで、しばしばこのあたりには行くのだが、ずっとノーマークだった。先日、会議が予定より30分ほど早く終わったので駅までプラプラ歩くうち、ふっと見上げた瞬間、そのことに気付いた。

 と、同時に、もうひとつ気付いたことが!

 これだ!

Imgp3787 Imgp3788


 またまた見つかった、「力士シール」!場所は和光ビルからもほど近い、銀座晴海通り沿いの交通標識の裏側。

 しかも、これは、私が勝手に「初期型」と呼んでいるタイプのもので、過去に他人が撮影した写真をブログ等で見たことはあるが、自分の目で見るのは初めてだった。

 その最大の特徴は、四角いフレームで囲まれていることと、「三つの目に二つの顔」が、「量産型」のような「蔵」シルエットではなく、軍配のような、バイオリンのような、不思議な謎の曲線図形で縁取られていること。さらに、表情の筆致が「量産型」に比べると甘い気がする。

 このタイプのものは、根本的に数が少ないし、剥がされた跡だけ見つかることも多いし、さらに、シール自体の劣化も激しいことから、私が勝手に「初期型」と呼んでいるだけで、本当にこれが力士シールの「初期型」であるという証拠は一切ない。

 さて、今回見つかった「初期型」、その最大の特徴は、「中央の目」が涙を流していることだ。涙を流している力士シールを見るのは、今回が初めてだ。彼および彼は、いったいどんな哀しみを経験したのか?

 また、そもそも「初期型」を完全な形で見ることとがほぼ初めてなので、そのディテールの複雑さにはただただ驚かされた。画面右上の白黒二つの円を中心に構成された謎の図形など、かなり複雑なメッセージを秘めているように見える。

 あと、画面全体を左上から斜めに横切る細い線と、画面左下の同じく円も気になる。とにかく、気になることだらけの「力士シール・初期型」だ。
 
 
 
※まさか!…と思ったけど、絶対に違うよね?「力士シール」まで彼らの仕業だったら笑うけど。>「国際落書き団」国内に複数? スロバキア人被告供述

※インドがなぜ今、英米にキレるのか?…正直、まったく意味不明だったりする。またまた陰謀説が出てきそうな、困ったテロ。日本のチロまで吹き飛ばしてしまった。ついでに、空港でかなり頑張ってるタイの反政府運動まで吹き飛ばしがち。>インドで同時テロ 日本人1人含む101人が死亡

※写真:Optio A20

|

« 時間経過。その165 | トップページ | どっちかっていうと »

【写真】味わいビルヂング」カテゴリの記事

【特集】力士シール」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。